昔のブログ

経典に書いてあるのは仮説

仏教と密教

仮説(けせつ)は、
仮に言葉で説く、ということ。

言葉を使うと、
その言葉に限定されてしまうので、
うまく伝わらないことはよくあります。

とりあえず、ことばで言えば、こういうこと、という感じかな。

例えば『般若心経』に、
「色即是空(色は則ち是れ空なり)」
全てのものは自性(常住不変唯一で、他と関係なく独立的に存在すること)
が無く空である。

「是諸法空相 不生不滅 不垢不浄・・・。
(是の諸法の空相は不生にして不滅、不垢にして不浄・・・。
すべてのものは始まりも終わりもなく、汚れもなく清らかでもない

『理趣経』には、
「一切法清浄」
この世のすべての存在も行為も、その本性が清浄である
清浄とは自他の仕切りがないこと。

『一切有情如来蔵」
この世のすべてのいのちあるものは、
如来蔵となる可能性を生まれながらに宿している

本当にそうだろうか。
これらは事実だろうか。
現実にいる自分、目の前にいる大切な人、
それは実体が無い、始まりも終わりもない、
清浄で如来を蔵している、
これらは事実だろうか。

経典には、
仏の世界からみた事実が書かれています。
だから、仏の世界にいない人には理解できない。
仮説でしかない。

それを実証すれば事実となります。
誰でもいつでもどこでも、それを証明できれば。

仏教では、これを体験しようとします。
瑜伽行(瞑想修行)によって個人的に体験する。
科学は分析知ですが、仏教は直観知です。

修行によって空、清浄、如来蔵を体験する。
そうして自己の身体の中に証得します。

そのために拝みます。

☆ofuse(お賽銭)箱

タイトルとURLをコピーしました