昔のブログ

望診法の工夫・人間関係

陰陽望診法

髪の毛の状態
顔色
眼球の位置
耳の形 位置
顔の形

などで陰陽を観察します。

相手が陽性な状態なら、
こちらは陰性な思考気持ちにする、
うまく運びます。

こちらも陽性になっていれば話は合わず、こじれる。

人間関係を変えるのは自分を変えるのが一番ですが、
相手がどういう心でいるかを望診すると、
役に立ちます。

ああ、この人は白髪が多いから陽性なんだな

眉毛の端が薄いから腎臓に何かあり、
兄弟関係にも何かあるな。

頬が張って吹き出物があれば肝臓だから
イライラしているかな。

陰陽五行説では、五臓と感情(心)にはつながりがあります。
先の腎臓は恐れと勇気
ここに問題があればビクビクするので、相手を攻撃したり、
「でも、」と言って納得しない。


肝臓は怒りと忍耐
問題かあればイライラして落ち着きがない。
人の話を半分しか聞けない、
すぐ先へ行こうとするから、以前のことを復習できない。

そんな方法もあります。

タイトルとURLをコピーしました