昔のブログ

曼陀羅を建立する

仏教と密教

大金剛輪陀羅尼は、勤行、修法などで、よく唱えられます。

namah striya-dhvikānāṃ sarva tathāgatānaṃ āṃ viraji viraji mahā-cakra-vajri sata sata sarate sarate trayi trayi vidhamani sambhañjani tramati-siddhāgriya trāṃ svāhā

『中院流の研究』の訳では、

三世の諸の如来、それは塵垢を離れて大輪金剛を有するに等しく、
極めて堅固な性の救世者であり、
塵垢を払い除き破壊して三慧を成就し、
勝れた宝性の徳あるに帰命す

栂尾先生の訳では、

塵垢を離れて無限に平等性に住し、
堅固不壊なる大輪に住する救世の諸仏が、
無限の光を以って有限の垢を除き、
人をして勝上なる聞思修の三慧の成就に至らしめんことを

このなかにある三慧さんね 
聞慧、思慧、修慧のみっつ、
これによって悟る。

よく聞いて、
深く考えて、
実践して確かめる。

これ、中々できない。
特に最初の聞慧。
ちゃんと聞かないで、
自己流に判断してしまう。

大金剛輪陀羅尼は補欠分の真言といって、 
僕らの念誦や所作は間違えが多いので、
誤りを正し、足りないところを補う、
とされています。

そして、

自心に曼陀羅(万物の姿)を建立する陀羅尼。

三慧とはそういうことなんだろうな、と考えています。

タイトルとURLをコピーしました