昔のブログ

一切衆生を観るに猶し己身及四恩のごとし

仏教と密教

『三昧耶戒序』に何度も出てくる文です。

一切衆生はヒト、動物植物虫鉱物、存在するもの全部。

四恩は、
父母の恩、衆生の恩、国王の恩、三宝の恩

何を見ても自分のこと、
もしくは恩人のごとくである、と。

なさけ、すくいの心は、
悟りを求める人の心である、と。

それはわかっているのだけれど、
歳をとるごとに頑固になって、
なかなかできなくなるように感じています。

「宇宙無縁の一切のすべてを観ること自身のごとく。
 然る所以は善人の用心は他を先とし己を後とす。
 三世を達観するに皆是我四恩なり」(三昧耶戒序)

タイトルとURLをコピーしました