昔のブログ

私は菩提心

仏教と密教

世界は、
瞬間瞬間に、
無限(心)から有限(仮)が生まれている、
という考えかたがあります。

無限だから虚空のようで
何にも染まらず
区別差別なく、ひとつの全体
自性清浄。

これが、菩提心です。

『菩提心論』に、
迷いの身体のままで円満な悟り、
仏の位を証すことができるとして、

菩提心を修して身につけ、
その働きが出現すれば、
自然にすべての導き手となる。
あらゆるものの本質である
菩提心そのものの意味からいえば、
導くもの
導かれるもの
のあらゆる対立が無くなるため、
この人の世の中が、
そのまま仏の悟りの国土となる。

とあります。


『金剛頂経』では、
oṃ citta prativedhaṃ karomi
「私は心をよくよく観察する」
という真言を好きなだけ唱えることで、
菩提心がうっすらと現れ、

oṃ bodhi-cittam utpādayāmi
「私は菩提心を発す」
という真言によって、
菩提心そのものになる、
唱える真言の意味そのものになる、

と説きます。

菩提心は悟りを求める心ではなく、
菩提心がそのまま私の心。

菩提心は現実の私の心であり、
それが最高の真実、実在、大日如来そのもの、

と考え、瞑想、直観します。

タイトルとURLをコピーしました