昔のブログ

とからはへ

仏教と密教

密教の立場は、
自分と自分以外が無差別
自分と仏が無分別
凡聖不二

「自分」と「心」以外は、
現実にある真実。

そこで、

自分と自然ではなく、
自分は自然、
と考えます。

自分と仏ではなく、
自分は仏。

総てをそのように考えれば、
迷いと悟りではなく、
迷いは悟り。

智慧と慈悲ではなく、
智慧は慈悲。
身体と心ではなく、
身体は心。

達人になれば、

私は本性において、仏にほかならない。
私自身が一切の仏の総体(宇宙、自然)を、
自分の身体とをしている(ように見える)

私はそれであり、
あらゆるものがあるように、
私もある。

そこは明るく広々とした、
ホッとする世界。

タイトルとURLをコピーしました