昔のブログ

思いをいたす

仏教と密教

『性霊集』には還源(げんげん)という言葉が何回か出てきます。

例えば
「性薫我を勧む、還暦を思いとす」(造大曼荼羅願文)

性薫は人々が元々持っている仏になる性質、仏の自覚
還源は、源へ還る、つまり仏に成ること
中川先生は
人の本性は、常に向上を願うて止まぬものである
と訳しています。

智慧、慈悲、仏心、生きる行為、存在とは何か、心とは何か、
そういうことを考えたり学んだりして、理解することができます。

でも、普段の生活では見失いがちで、
実の如く自心を知ることになっていません。

その、自心に直入する方法が三密行などの三摩地(瞑想行)

田中先生の「三昧耶戒序の理解」には、
心身に広大な仏のいのちを実感し、悟りを証する
とあります。

月輪観、阿字観などの三密行は、
誰でも次第通りにやればできます。

そして、
もし. よく日月の輪光を観じ、声字の真言を論じて三密の加持を発し、
四印の妙用を揮はば、すなわち大日の光明廊として法界に周ねく、
無明の障はたちまちに心海に帰せん。
無明たちまちに明となり、毒薬たちまちに薬となる
五部三部の尊、森羅として円かに現じ、刹塵海滴の仏、忽然として涌出せん。
この三昧に住するを火何時の三摩地と名づく(『三昧耶戒序』)

普段の生活で忘れていることが、
拝めば直下に現れます。

☆ofuse(お賽銭)箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました