昔のブログ

甘露の雨

仏教と密教

『観音経』に
慈意妙大雲 澍甘露法雨 滅除煩悩燄
とあります。

観音の慈悲の心は素晴らしく大きな雲のよう
慈悲の教えという甘露の雨を降らせて、
煩悩おろかさのまよいの炎を消してくれる。

甘露は、サンスクリット語 アムリタの訳。
不老不死になる飲み物らしい。

梵和辞典を引くと、

amṛte
死せるに非ざる 不死の 
不滅の 美しき
漢訳で
甘露、不死、醍醐

aは否定を表す接頭語

真言にもアムリタが多く説かれます。

阿弥陀如来
oṃ amṛta-teje hara hūṃ
不死の甘露の威光よ

尊勝仏頂
oṃ amṛta-tejavati svāhā 
不死の甘露の威光を

馬頭観音
oṃ amṛtodbhava hūm phaṭ svāhā 
不死の甘露より生起した者よ

軍荼利明王
oṃ amṛte hūṃ phaṭ 
不死の甘露尊よ

上記辞書に「醍醐」もあります。
サンスクリット語で sarpir-maṇḍa の訳でもある。

純粋最高の味で、
すべての病を治す。

そのように、
密教の教えはすべての心の迷いを消す、

だから、

密教の教えは醍醐の如し、
甘露の如し。

タイトルとURLをコピーしました