昔のブログ

慈愛と悟り

仏教と密教

慈愛慈悲は生き物にもともと具わっている。

だから、子育て家族地域学校社会生活ができる、
と考えています。

『大日経』には、
悟りとは、如実に自心を知ることであり、
そのために、
百千万億無量劫に福徳(善行)と智慧の資量を積慈すること
とあります。

つまり、
慈愛という利他の長い時間の実践(方便)
誰もが、
眼前に苦しんでいる人を救済するために存在している。

『金剛頂経』では、
自心の心を各各に観察する三昧の真言を好きな回数唱えることで、
自心を知ることが成就する、

とあり、
念誦という象徴的なトレーニングで、
利他の実践を代替する、
ということかな。

いずれにしても、
自分の内外で慈愛の行をすることが自心を知ることであり、
悟りである、と。

タイトルとURLをコピーしました