昔のブログ

甘露から醍醐へ

仏教と密教

以前、「甘露の雨」に書きましが、

甘露はサンスクリット語アムリタの訳。
辞書を引くと、

・amṛte
死せるに非ざる 不死の 
不滅の 美しき
漢訳で
甘露、不死、醍醐

天から降る甘い液体、神秘的な飲み物かな。
お酒かもしれない。

同じく漢訳にある醍醐は、
サンスクリット語 sarpir-maṇḍa
の訳で、

sarpisは、
すべる とける 
澄んだ牛酪 ギー 
漢訳で酥

maṇḍaは
乳脂 アルコールの濃い部分 餅 
煮た穀物の浮きかす


仏教の教えを、
経・律・論・般若・陀羅尼の五つ(五蔵)にわける考えかたがあります。

『十住心論』に、

心病ぼんのうの原因は根源的な無知おろかさのまよいであり、
心病を治す方法に五つある、
それは、
五味に譬えられます。

五蔵五味
おしえ
いましめ酪(ヨーグルト?)
まなび生酥(チーズ?)
般若ちえ熟酥(バター?)
陀羅尼ひみつ醍醐(純粋最上のもの)

陀羅尼(密教)以外の四蔵の教えは軽病を治し、
醍醐がすべての病気を治す薬となるように
陀羅尼の妙薬はすべての重罪を消し去り、
速やかに根源的な無知の根を抜き取る、

とあります。

陀羅尼は、
真言のように唱えるものであり、
精神を統一した状態。

宇宙(仏・智慧・真実・自分以外)と自分が相応する、
大きな大きなひとつの心。

タイトルとURLをコピーしました