昔のブログ

淡い味

精進料理

食養や陰陽望診法では、
陰性な順に、
辛味、酸味、甘味、鹹味、苦味
を考えます。

陰性な味は、
広がる力があるから香りがあり、
モノを溶かします。

陽性なものはぎゅっと引き締める。

陽性な季節になれば、
陰性な作物がとれ
陰性な料理が好まれます。

陽性な体調なら味を薄く
陰性なら濃くすれば
身体に合います。

そうなると、

醤油大匙1というレシピはなくて、
醤油適量。

この五味のほかに淡味があります

決まった定義はないのだけれど、
素材の味、
塩と出汁で引き出される味

一口食べてわかる味ではなく
全部食べてから、
または翌日になって
ああ、おいしかった、
という味かな。
それが心身に良いのでは、
と考えています。

タイトルとURLをコピーしました