昔のブログ

  1. はじめまして。
    いつも有り難うございます。

    私の長男がこの春高校一年生になりました。
    長男を出産したころから養生を意識するようになり御ホームページと出逢いました。15年程前になります。

    その頃Yahoo!ブログで須永様が陰陽の毒消し食べあわせ



    乳製品…等々

    と、表のような表示をあげてくださっておられ、台所に貼り付け、実家の母に送り有り難く大切にヒントを頂いておりました。
    申し訳ありません、3年程前に紛失してしまいました。
    似たような毒消しのヒントを
    当時のような形であげていただくことは難しいでしょうか。

    個人的な質問はこちら
    と、いう場所からコメントさせて
    いただこうかと悩みましたが
    皆様が目にされるこちらにコメント致しました。

    ご検討宜しくお願い致します。

    • 一覧表はありませんが、
      陰陽と酸アルカリのバランスを考えます。

      1,動物性食品(陽性・酸性)1:5 旬の野菜、きのこ、果物(陰性・アルカリ)

      2,砂糖・アルコール・化学的なもの(陰性・酸性)5:1 味噌、梅干し、純正な醤油、無添加の漬物、ゴマ塩(陽性・アルカリ)

      3,たんぱく質には酸味(漬物、酢の物、柑橘類、トマト、リンゴなど)

      4,脂肪(揚げ物)には辛味(大根おろし、ネギ、玉ねぎ、ニラ、生姜、にんにく、香辛料など)と、きのこのスープ

      を合わせます。

      • 感動致しました。
        教えてくださいまして
        有り難うございます。

        知りたかったことです。
        勉強になります。
        有り難うございます。

        ※小麦グルテンにつきまして3、の考えかたでよろしいでしょうか。
        (焼きしめた場合 ゆでた麺に対して味噌をこれまで合わせておりました)

        • 小麦グルテンなどの穀物は、
          陽性で酸性、
          お肉と同じグループと考えます。
          ですから、
          たくさんの野菜と一緒に食べます。

          • 有り難うございます。
            本当に有り難うございます。

            ✨✨✨✨✨✨✨✨

タイトルとURLをコピーしました