昔のブログ

自分の細胞に感謝する

仏教と密教

食時じきじ作法にある「蟲食偈ちゅうじきげ

「我身中有八万戸 一一各有九億蟲
 済彼身命受信施 我成佛時先度汝」

私の身中には八万の家があり、
その一つ一つに九億の細胞いのちがいる
今、彼らのいのちのために、この食事をいただく
私が悟り、成仏した時には、
まず彼らを救い、
成仏に導くであろう」

『大宝積経』114には、
坐って
心に愛着無し
また貢高なし
瞋心あることなく
濁乱心なし
食を欲するとき
かくのごとく思惟せよ

とこの偈をあげています。

食事の前に、
自分の肉体を観じ、
それに感謝する
さらに、
細胞は衆生、とイメージします。

OFUSEで応援を送る

  1. 小腹が空いて
    ちょっと虫養いに茶漬けを…という落語の一節はここから来たのかもしれません。

    • そうかもしれない。

      『真言宗食時作法解説』には、

      「九億の蟲を汝と云う」 蟲とは所謂、細胞と見たてておく。

      自分のためではなく、

      肉体を構成している一一の細胞は命ある衆生であり、

      それによって仏道が実践できるのであるから、

      食することは、それらの細胞に食を施すという意味である、

      等々

      とあります。

タイトルとURLをコピーしました