昔のブログ

世界と心の構造・無限の探求

仏教と密教

自分とは何か、
仏とは何か、
を探す場合、いくつかの方法があります。

今の自分は両親から生まれ、
その前は祖父母、ご先祖と続きます。
もっともっとさかのぼれば、
お猿さんだったのかもしれない。
その前は爬虫類、両生類、アメーバ・・・。
それは海から来たらしい。
となると、地球がどのようにできたか、ということになります。
さらに、宇宙の始まりにつながる。
自分を振り返ると、宇宙の始まりから生じた、と云えます。

では、その宇宙が始まる前はどうなのでしょうか。

自分の身体を考察してみます。
皮膚があり、内臓があり、血液が流れ、骨がある。
それを分析すると、タンパク質や脂肪など。
さらに細かくみれば、それらは窒素、酸素、水素などの元素、
もっと詳細になれば、素粒子などなど。
そうして分析すると、最初のひとつにたどり着くかもしれません。
では、その最初は何から生まれたのでしょうか。

宇宙の始まりの一点も、最初のひとつも、縁と条件、つまり因縁生は通用しません。
ひとつしかないのだから。

おそらく、
一つの原因で生じたのではなく、多くの原因と条件によって生じているでしょうから、
その中で、最初の一点、最初のひとつ、根本を限定することはできないかもしれない。

『吽字義』には、
「(大日経疏にあるように)およそ口を開いて発音する時には、
 その音には必ず阿の声を含んでいる。
 もし、阿の声が無ければ、すべての言説は成り立たない。
 このゆえに、阿字をあらゆる声の母体とするのである。
 阿字を観れば、すべてのの存在が固有な本体を持たないことを知る」

とあります。

この世のどんな音、声の中にも必ず「ア」の音が含まれている。
だから、すべてに含まれている「ア」こそ、真実の本初である、
と考えます。

そのように、
本初からあるもの、生じたものではないもの、
それが最初の一点、ひとつ、と考えられます。
あるがままのもの。

『吽字義』には、
「あらゆるものは縁と条件によって生じている
 縁より生じるものは始めがあり、本がある。
 輾転して一番最初の生起の縁となる者は何か。
 其れより前に何も無いのに、どの縁によるのか。
 自然に生まれるとは縁起の法則では考えられない。
 縁にもよらない、自然に生じるのでもない、
 とすれば、本来不生不滅ということになる。
 あらゆるものは、本から有るのであって、
 自然に生まれるのでも、縁によって生じるのでもない。 
 始めもなく、終わりもない。したがって、有も無も常住になる」

この、本来不生不滅を体験することを、
般若波羅蜜と云います。

これは思考を越えたものであり、体験する世界です。
縁と条件が無い世界では、
悟りも迷いもなく、
浄不浄もなく、
大空のように広く、さえぎるものが無く、
自由で無限なはずです。

続けて『吽字義』には、
本来生起しないありかたこそ、全ての根源であるとし、
「あらゆるものが生じるのを見る時には、
 実にこの本来生起しない在りかたをみているのである」
「本来生起しない在りかたという究極的な在りかたをみるものは、
 ありのままに自己の心を知ることにほかならない
 自己の心をありのままに知ることは、すなわち仏のさとりの智慧と異ならない」

現実の肉体がある自分は、
宇宙の始まり以前の無限から生まれています。
本当の自分はそこにある、
そう考えることもできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました