昔のブログ

弘法大師御影の話

仏教と密教

久しぶりに、きり絵作家・冗快さんの作品展へ行き
心満ち足りました。写真は「童まんだら」

冗快さん出演動画(作品もたくさん登場します)

ところで、
お大師さんの御影(仏画)は、
真如親王が描いたと伝わるものがポピュラーです。
このお大師さんは顔をやや右方向へ向けています。

人の顔を画く場合、正面より横に向いたほうが立体的になるのでしょうが、
冗快さんの話では、
右利きの場合、左に向いた顔のほうが画きやすいとのこと。
つまり、左向きにかけば、画かれた人は右を向いています。
魚も乗り物も、左向きのほうが画きやすいし見やすいのと同じかしら。

もうひとつ、

右手に五鈷杵、左手に念珠を持ってお加持をする時、
僕は、右を向いたほうが身体が楽です。自然とそうなる。

拝みやすいから右を向いている、
というのは、どうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました