昔のブログ

人間関係の望診法

陰陽望診法

手相では中指が自分。
他の指と寄り添うか、離れるか、隙間があるか無いか、
どれくらい傾いているかを観察します。
隙間は消費する量です。
時間、お金、感情など。
感情的に離れていなくても、
物理的に離れていれば、指間が開く、
と考えています。
『南北相法』の冒頭に詳しく書かれています。

人相では、
目尻から髪の生え際までの間を観ます。
ここは肝臓の様子を観る場所。
肝臓は五行説で、忍耐力/怒りと関係しています。
人間関係というのはそれが重要。
男との関係は右側、女は左側を観ます。

肝臓の滋養は酸味、睡眠、温暖ですが、
摂取する油の量と質が重要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました