昔のブログ

不思議な心

仏教と密教

心は、
喜怒哀楽を始め、さまざまな思いが常に連続して流れています。
そして、
心が思うことは無量であり、
それは、智慧も無量であること。

真言密教の境地を、秘密荘厳心(ひみつしょうごんしん)と云います。
それは『十住心論』に、
「究竟じて自心の源底を覚知し、
 実の如く自身の数量を証悟す」
とあります。
心と身体が曼荼羅(さとりの世)になることです。

行い、言葉、想いを駆使し、
モノと心の不二、
モノと心の根源を体験する心。

自分の本性はどのようなものか、
自分は、自分以外の存在があるように、ある、
という世界。

重要なのは、
仏の心ではなく、仏の身体になること、それが即身成仏です。
悟りは身体と環境から生まれる心の働きであり、
心の本体は身体だからです。

秘密荘厳心は、「私自体のありさま」であり、
『十住心論鈔』には、

「一切衆生自心の中にひとしく両部海会曼荼の功徳を備ふ。
 流転生死の間も曾て闕減有ること無し。
 深くこの理を信ずるを以て自心の源底を知ると名く」

そして、

「両部海会に付すに一部に十世界塵数の聖衆有り。
 此の無数の聖衆を信仰するはすなわち自身の数量を悟るなり」
とあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました