昔のブログ

心臓瞑想

仏教と密教

きれいな中秋のお月さまでした。

悟りの心を形で観じると満月、
文字なら阿字、
と『菩提心論』にあります。

さらに、

もとからある悟りの心を観察すると、
満月の光の虚空に遍満して、
恍惚としてあらゆる「はからい」をはなれたる如く。

満月の円明なる本体が、
まったく悟りの心のそれに類似するがゆえ

とあります。

月は雲に隠れることがあるけれど、
月が無くなるわけではない。
悟りも同じ。ずっと最初からある。

密教の修法は月に坐ります。
悟りの中に飛び込んで拝む。
月に居るから、雲があっても関係ない。

さて、

胸の正中に手を当てて、心臓を感じましょう。
それは常に動いています。
生命をキープしています。
求心力と遠心力という陰陽の力を振動させながら、
血液を流して熱悩を取り払っています。

『大日経疏』には、
凡夫の心臓hṛdayaを八葉の蓮華(心蓮)に喩え、
これを観じることで仏身を開顕する
とあります。

心蓮は菩提心(悟りそのもの)

手を当てている胸の中に、
菩提心の象徴である満月がある、
と観想します。

最初は数分、
慣れてきたら時間を延ばします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました