昔のブログ

納豆と大根おろし

精進料理

納豆は200回、もしくは2分間くらい、
よく練ったほうがうまい。
ショージ先生は、
納豆の本業はネバネバ業
ネバってナンボという商売
ぼくなどと言ってはみれば、納豆道尊ネバ派の流れをくむ者
(『ゆで卵の丸かじり』)
納豆は、豆よりもあのネバネバを味わうもの
(『キャベツの丸かじり』)
と書いています。
ネバを出すためには、練って白い糸がたくさん出てから、
醤油を入れて、さらに練る。

大根は、おろしてから30分以内に食べないと、
味も香りも薬効も無くなる。
おろしたてがいい。

このふたつは火を使わない。
なのに、このふたつがあれば、
僕は、ご飯やうどんをたくさん食べられます。

どんな醤油を使うかで、また違いが出ます。
無添加で質の高い醤油を使いましょう。
毎日使うものによって、身心は変わります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
精進料理
米ぞうの家

コメント

タイトルとURLをコピーしました