昔のブログ

餓鬼のレベル

仏教と密教

心には多くのレベルがあります。パターンといったほうが良いだろうか。

仁義礼智信など、倫理道徳を大切にする心があります。
人に情けをかけ、正しさを求め、他者を敬い、自分をわきまえ、偽りを言わない。

仏教には、

現実に生滅(はじめと終わり)があることと、
生滅があるということは自性がないから不生不滅(はじめも終わりも無い)
という有(あること)と空(ないこと)を同時に見ることが宇宙の姿、
だから執着しない、差別しない、という心があります。

縄を見て蛇と思うような、
実体のないものを「有る」と執着する心、

縄は麻やビニールなどによって作られている、
つまり、他の縁によって「仮に有る」と考える心、

縄の本性が麻やビニールであるように、
そのものの「真実」を見る心があり、

このみっつは互いにからみあっています。

優しさと思いやり、他を喜び、自己を滅す
という無量の心や、

施しと、優しい言葉と、善行と、助け合いを実践しようとする心もあります。

地獄餓鬼畜生修羅人天の六道のうち、
最初のみっつを三悪趣と云います。

常に怒りを持ち、耐え忍ぶことが無い地獄趣、

無知による愚かさのため、戒めを保たない畜生趣、

そして、

貪りの心ばかりで、
施しや優しさの無いのが餓鬼趣。

心は連続しているので、

道徳的な心、仏教的な心、地獄、餓鬼、畜生の心などが、
常に入れ替わり発生しては消えてゆきます。

25日10時より立石寺施餓鬼法要を行います。

ファンレターとOFUSE箱

タイトルとURLをコピーしました