昔のブログ

善意と知性

仏教と密教

感染症対策で、会食や宴会を控える傾向があり、何よりです。
このまま定着して欲しい。

僕が肉魚を食べない、
化学調味料や砂糖を調理に使わないのは、
長年の習慣と健康法と宗教上の理由です。
人それぞれに、いろいろあるでしょう。

お酒を飲むと、
思考は戯論ばかりになり、
飲んだ後は運転できない、勉強できない、瞑想できない。

心に動揺無く、
貪り怒り怖れ妄想を無くし、
精神集中するには、
血液中のカルシウムイオン濃度が影響すると考えています。
食事では、カルシウム:リン=1:4より、リンの量を増やしたくない。
比較的陰性なカルシウムやカリウムを、
比較的陽性なマグネシウムやナトリウムより多く摂りたい、
食養で云えば、陰性でアルカリの体質を保ちたい、
それは、瞑想修行に適した身体を保ちたい、
ということ。
具体的には、植物性で純正なものを好んで食べ、
そうでないものは嫌い、苦手。

何より、
嫌いなもの、苦手なものを勧められるのは苦痛です。

なので、
50歳を過ぎてからは、宴会も会食も、
拝むことの障害になるから、なるべく避ける、欠席するようにしています。

交歓交流なら、飲食を伴う会ではなく、
戯言の無い勉強会、坐禅会、写経会がお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました