昔のブログ

数珠の百八

仏教と密教

本連と呼ばれる数珠は108顆。
なぜ108なのかと云えば、
煩悩の数とか、
金剛界百八尊の象徴とか、
いろいろ説があります。

数珠は数を取るもの。
唱えながら数えるために使います。
ですから、
数えないなら不要。

真言念誦などの所作が無いころ、
瞑想修行のみの時代には、数珠は無かったでしょうね。

数珠を繰りながら唱え、
108遍唱えて、100遍ということにしています。
そして、
房の珠をつかって位を上げ、
千遍、一万遍と数えます。

煩悩の数が108というのは、無理やりですね。
煩悩は無量にあります。
だから、悟りも無量にある。

古代インドの聖典ヴェーダの書物、ウパニシャッドに108種類のものがあるから、
そこらへんは、関係あるのだろうか。

数珠は房を間にして54顆づつあります。
菩薩の修行ステージに五十四位があり、
それを象徴している、と解説することもあります。

仏教では、
本来悟っている、もともと仏である、
という立場と、
修行して、努力して悟る、仏になる、
というものがあります。
このふたつは不二です。

真言を唱えながら、数珠で数を取る、
それが修行・努力して迷いを断ち、悟りを証する道であり、
そこに到達すれば、帰りの54顆、仏となって他を助ける作業に入ります。
そのように考えます。

僕が普段使う数珠は、梅かカヤの木製、軽いから。
珠を通す糸は赤、観自在の象徴、唱えることが観達自在につながるから。
この糸は、絹、化繊、木綿などがあり、
絹はすぐ伸びるので使いにくい。
房は黄色、ほんとは金色なんだけれど、
固い菩提心である金剛の色。

いろいろ種類があるので、TPOに応じて使います。

左はケヤキの108顆、
右は紫檀の54顆、絹糸は房のところがこのようになります。

タイトルとURLをコピーしました