昔のブログ

大丈夫は親指から

陰陽望診法

親指を立てるサムズアップ。
Good!とか、いいね、とか、オーケーとか、
そんな感じかな。
なぜ、親指を立てることが、そういうことなのか。

陰陽望診法、五行説では、
親指で肺の様子を観ます。
だから、親指が動けば大丈夫、
呼吸できる、ということだから。

肺が丈夫なら安心感があり、
疲れていれば、悲しみに敏感。

地水火風空の五大のうち、
親指は空大を現します。大きく広がり、すべてを包んでいる。
修行カリキュラムのうち、
親指は禅定を現します。心を静かにまとめ、集中する。

肺の滋養は辛味です。
秋は辛味の季節、大根とか唐辛子など。
辛味は陰性なので脂肪も溶かします。

そろそろ蓮根が旬になります。
蓮根は肺にとても効果的。
皮をむかず、砂糖や化学調味料を使わないで料理すると、
とてもよろしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました