昔のブログ

『金剛頂経』に説かれる自分と宇宙の一体化

仏教と密教

生きるとは何か、
何のために生きているのか、
今、僕はここにいる必要があるのか、
僕でなくてもいいのではないか、
僕が僕である意味は何か。

もし、心の内にある叫びに目覚めた時、
仏教には、それを解決する方法がたくさんあります。

『金剛頂経』に説かれるのは、
自心の源底に宿る真実(大日如来という名のイメージ)を実の如く知り、
その働きを実現するための、各種瞑想トレーニング。

自分の心の中をよく観察すると、
そこに、本来の菩提心があります。

深い海溝を探索すると、
太古から続くいのちの痕跡が見つかるように。

たいしたことは無い、と思われる自分の心も、
その根底にあるものは、
泥の田から生えて、その泥に染まらない蓮華のようであり、
常に清浄で本来の智慧の光を放っています。
ほら、ちょっと心の中を覗くと、小さな光があるでしょう。
それは満月の清涼な輝きの如く、悟りの本体。
自動車で云えば、充分に整備され安全を保障されたエンジン。
悟りの本体である菩提心に通達すべし、
という内容の真言を唱えながら、それを象徴する月輪を観想します。
エンジンを信用して、発動します。

『略出念誦経』には、
堅牢の故に自心の月輪中に於いて金剛の形像を想へ
純真金色にして具に光焔を放つ
即ち是無垢清浄の仏智なり

とあります。

『金剛頂経』では、
僕らの肉体も菩提心のひとつの表現、と考えます。
真実真如悟りといったものが、変化して自分の肉身になっている、
だから、真実や悟りと自分は、別なものではない、
というのが密教の立場です。

大空や大地や大海原にある、
動き、音声、はからいが、
みな、自分の中に入り一体となる、
聞こえている鳥の声は、
仏の説法として自心の声となる、
そのように、
世界中の身・口・意を、自分の身の上に実現する、
そういうふうに考えて、
そういうようになりたいとおもって拝みます。

誰もが本来仏であり、
全ては真実の顕現であるなら、
迷妄など、どこにもあるはずありません。
しかし、
迷妄が無ければ明悟もない、
そこの差別を乗り越えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました