昔のブログ

身体と悟り・五蔵三摩地

仏教と密教

『即身成仏義』に大日経・秘密曼荼羅品から引用した文章があります。

 真言者円壇を   まず自体に置け
 足より臍に至るまで  大金剛輪を成じ
 此れより心に至るまで  当に水輪を思惟すべし
 水輪の上に火輪あり  火輪の上に風輪あり」と。
 謂く、金剛輪とは阿字なり。阿字は即ち地なり。
 水・火・風は文の如く知んぬべし。
 円壇とは空なり。
 真言者とは心大なり。
 
これによれば、

足より臍 大金剛輪(阿字) 地大
臍から心(胸) 水輪
心から喉 火輪
喉から頂 風輪
自身全体を包むのが空輪
拝む人が識大
これで六大=自身=仏

『密教辞典』では、
地大(膝輪) 心臓
水大(腹輪) 脾臓
火大(胸輪) 肝臓
風大(面輪) 腎臓
空大(頂輪) 肺臓

『秘釈』にある善無畏伝では、
a   地 肝臓 
vi  水 肺臓 
ra  火 心臓 
hūṁ  風 腎臓 
kham̐ 空 脾臓 

これは五行説に基づいていますが、このまま観想するのは難しい。

覚鑁さんの『五字略頌』では、
我はすなわちa vi ra hūṃ khaṃ
腰と臍と心と額と頂なり
として、

腰下 a  本不生     金色方形 仏心地
臍輪 vi  言説を離れる  白円形
心上 ra 染着なし    赤三角 大智火
額上 hūṃ 因業を離れる  黒 半月 大力風
頂上 khaṃ 虚空に等しい  雑色団形 大空輪

身体の部分、五臓、五大または六大(真理の当体)、色、形、
それらをどのように観想するかが、さまざまに説かれています。

いずれにしても、
真理(仏)は一体であり乱れず、
高下大小はなく、自身の中ですべてを具足している、
と考えています。

ファンレターとOFUSE箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました