昔のブログ

あの年の梅干し

精進料理

近所から丁寧な梅干しを貰いました。
きれいですね。
僕が梅干しを漬け始めたのは1999年。
毎年10キロくらい。
塩は20%、お金に余裕のある時は海の精、
そうでもない時は伯方の塩を使いました。
もちろん、無添加、天日干し。

だいたい3年前の梅干しが食卓に上がる、
という生活が変ったのが2011年。
当時、福島県郡山に住んでいました。
あの年は、普段は高級な会津産ブランドでも、例年の半額以下。

もちろん、放射線は検出されないのに。

たしか40キロ買って漬けました。

その後、子らが進学上京して、家での梅干し消費量が減り、
今年は2010年に漬けたものを食べています。

無添加塩20パーセント天日干しですから、
常温で100年くらい持つでしょう。

来年からは2011年作、10年ものです。

青梅の陰性
塩と時間と太陽の陽性
肝臓の滋養になる酸味
殺菌してくれるクエン酸
いろいろありがたいのが梅干しです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
精進料理
米ぞうの家

コメント

タイトルとURLをコピーしました