昔のブログ

2022-07

仏教と密教

大空と同じ

日本では人が亡くなると火葬します。 火葬すると、人は気体になって空へ遍満します。 大空・虚空は、 一切のものを包み込んだ空間、 作られたものではない無限の象徴。 無限へ還るわけですね。 『大日経』住心品...
精進料理

油の料理と、さっぱりお汁

じゃがいもは、茹でてマッシュして、玉ねぎすりおろしと白ゴマペーストで和えます。 大きなマッシュルームが手に入ったので、ニンニクと油煮。残りの油でナス 薄味昆布だしで豆腐を温め、あおさをふわっと入れます。...
仏教と密教

無限が主体

そう考えると、生滅したものが帰るのも無限へ。 でも、無限という実体があるわけではありません。 しかし、無限だから時間が無い、時間がないから、原因と結果は無く浄不浄もない。どこへでも行ける広くて深くて大きくて無染無着 ...
精進料理

家にあると安心なもの

この時期、夏野菜がふんだんにあれば安心。トマトは水替わりだな。 カリウムが身体を冷まし、繊維で排毒。 夏は酸味の季節酸味は肝臓の滋養陽性な梅干しの酸味と陰性なトマトの酸味など。 漬物の酸味はもっといい。 ...
陰陽望診法

いとおしい毎日

陰陽五行説によれば、内臓が調うと、落ち着き満足感(心臓)勇気(腎臓)忍耐 微笑み(肝臓)理解力(胃、脾臓)が得られます。 これらは丁寧さを生みます。 例えば料理なら、これが最後かもしれないから丁寧につくる。 同じように丁...
陰陽望診法

これからのしあわせ

陽性が抜けていないから、硬化、それによるケガ血行不良による判断力記憶力の低下、 いろいろ考えられます。 また、 陽性過多なら怒りと怖れと不安が生じやすいでしょう。怖れがあれば他を攻撃する。 ほかにも、コリ腫れ熱痛み...
陰陽望診法

還暦からの排毒

陰陽望診法では、 20歳で妊娠3か月目40歳で6か月目60歳で9か月目の影響を観ます。 これは、先天的なものの排毒と、私は考えています。 なので、60歳になってからは後天的な排毒のみ。自分が作ってきた、おもに陽性毒ですね...
仏教と密教

変わる時

人の心身が変わるのは、食事を変える住まいを変える簡単なところでは入浴して温まる、または、冷たいシャワーを浴びる。 日々の思惟の中で、今思っていることは間違っていないだろうか、感覚と違っていないだろうか。ちょっと気にすると、変わります...
精進料理

ちたけと出荷制限

栃木県民が大好きな、ちたけうどんチチタケとも云う。 このキノコは、それ自体を食べても、モサモサしてうまくないけれど素晴らしい出汁になります。 陰性なちたけと陰性な茄子を、油で炒め、陽性にして味を引き出します。 ちたけはず...
仏教と密教

もっと近い印象

達人の見かたでは、すべてはありのままであり、無限から生じて滅します。 『秘蔵記』96には、「本不生際というは、 心は虚空のごとくにして不生不滅なり この本不生は不可得なり」 本不生は、ありのままである無限、それは、心が虚空のよ...
タイトルとURLをコピーしました