昔のブログ

仏教と密教

仏教と密教

なぜ考えるのか

人間はいつも何かを考えています。思考しなければならないようにできている。それによって、矛盾やトラブルが生じ、苦しみ、迷いにつながります。そして、思考することで苦に出会い、その苦を逃れようと思考します。考えなければ、そうならないのに。 ...
仏教と密教

お正月・自宅で初詣ガイド

特に決まりはありませんが、仏壇(小さいお寺)や神棚(小さい神社)にお参りしましょう。 以下、お参り作法の例です。 ※1月1日、何時でも大丈夫です。 1、支度若水(元旦最初に汲んだ水・水道で可)をお供え 2、仏壇の前...
仏教と密教

2021新年祈祷・年間祈祷のご案内

子が親を呼び(自分の精進工夫) 親が子に気づき(仏の力添え) 近くの人が手を貸す(宇宙の包容力) このみっつで祈願が成就します。 皆様のご祈願を拝み、仏の力添えをしますので、 お気持ちがありましたら、お申し込...
仏教と密教

仏教の基本・定を楽しむ

お釈迦さまが菩提樹下の瞑想修行で真理を悟った、のが仏教の始まり。悟った方法が定、深い瞑想。そして、定に住して法を説くのが仏教の基本、定において説かれたものが経典、般若心経の空も定(瞑想体験)によって説かれたもの。 定(じょう)はサン...
仏教と密教

戒を楽しむ

世間、親、師、友人、地球、自然・・・、お世話になって生きている、と考えると、みな恩人です。 その恩返しが、戒を保つこと。 『三昧耶戒序』には、「諸仏如来この大悲・勝義・三摩地をもって戒となし、時として暫も忘るることなし」とあり...
仏教と密教

正覚の地平線

仏教の基本である三法印を、三井英光先生は『曼荼羅の講話』のなかで、真実相を照見する三法印、と書いています。 諸行無常(すべてはうつりゆく)諸法無我(どこにも自己はない)涅槃寂静(悟りの世界は平安である) どんなものも固定的でな...
仏教と密教

ご利益

冷水を浴びる沐浴は、10日間くらい続けると、身心への効果が現れます。煩悩が冷水とともに流れ消えることを実感できるでしょう。 倒立(逆立ち)も、続けることで、身心に効果があります。自分中心の思考に気がつくようになります。 例えば...
仏教と密教

大日如来の特徴

ソーリの眼が、ずいぶんと三白になっていますね。ちょっと心配です。 それはさておき、 大日如来の最大の特徴は、僕(わたし)に似ている、ということ。 十一面観音のように顔がたくさんあったり、その顔も牙を持っていたり手が4本あ...
仏教と密教

世界はぢっとしていない

あらゆるものは動いています。寝ている時も、内臓や血液が動いています。枯草も、その中では腐敗や発酵などが進み動いている。川が流れ、月星が動き、止まっているものは何も無い。これを、諸行無常と云います。 すべての物事は移り変わり、変わらぬ...
仏教と密教

俗世間の真実・すべてがいとおしい

あらゆるものは生じて、滅する、全てものは、生まれて死ぬ。これが事実、俗世間の真実です 生じたり滅したりするものには、実体(不変常住で独立主宰しているもの)は無いから、生じたり滅したりしない、現に生じたり滅したりしているのは、仮生仮滅...
タイトルとURLをコピーしました