昔のブログ

瞑想

仏教と密教

如意宝珠のイメージ

如意宝珠は、 自然道理の如来の分身であり、 あらゆるものの主体となる性質を持つ と『御遺告』24にあります。 真理を形で表したもののひとつ。 イメージしてみましょう。 この如意宝珠が宇宙 その尖端...
仏教と密教

清らかなおこない、ことば、おもいをイメージする

そうすれば、迷い愚かさ煩悩から、堅く護られます。 イメージしましょう。大空の下、風が塵垢を吹き飛ばし、すべてが清浄になるから、私も清浄。 お風呂に入ってすっきりするように、清らかな身体に、善き行いと智慧が身につきますように。 ...
仏教と密教

瞑想のテキスト

仏教は瞑想という実践の宗教で、経典にはその内容が説かれています。 そのテキストを参考に瞑想すると、例えば、自心が大きく大きく広がり、世界が一心におさまり、分別無し、すべて平等、ありのまま を体験します。 『般若心経』には...
仏教と密教

私は菩提心

世界は、瞬間瞬間に、無限(心)から有限(仮)が生まれている、という考えかたがあります。 無限だから虚空のようで何にも染まらず区別差別なく、ひとつの全体自性清浄。 これが、菩提心です。 『菩提心論』に、迷いの身体のままで円...
仏教と密教

すべてに含まれているもの

全ての料理に味が含まれているように、全てのミルクに脂肪やたんぱく質が含まれているように、全ての音には(あ)という音が含まれています。 空に酸素があるように海の塩があるように音には「あ」がある。 「あ」がなければ、い、う、え、お...
仏教と密教

観想してみよう

見えるものは仏のmudrāからだしあわせ、平安、真実のあらわれ。 見えるものは悟りのシンボル、夜から朝になって明るくなれば見えてくる。仏教徒の数珠のようなもの料理人の包丁のようなもの イメージしましょう。聞こえるものは仏の言葉...
仏教と密教

念誦瞑想は布団の中で

陰性な季節や、陰性な体調なら、陽性な姿勢で拝むといい。 というわけで、 夜でも昼寝でも、 寝つくまで途中で起きた時目覚めた時 布団に入ったまま、上を向いて真言念誦し、観想します。 唱えた真言が口から出...
仏教と密教

ありのままのありかた

密教で大切なのは、この世のあらゆることは変化して、不変ではなく、原因と条件とによって生じては滅し、他に創造主や万物を生み出す根源などは無く、始まりもなく終わりもないまま縁起によって仮に存在し、仮に滅する、 ということを直観すること。...
仏教と密教

結界・悟りを顕す方法

拝むとき、道場を結界します。 特別な空間を区切り、お本尊を迎えし、拝んで、解界して曼荼羅世界へ帰っていただく。 なんじゃ、それは、というようなもんですが、これは心の作法。 本来道場は心の中にあり、本尊は自心のことです。 ...
仏教と密教

立禅・坐禅、立つ坐るの違い

陰陽望診法で考えると、二本足で立つヒトは、四つ足動物より陰性。 立つのは上に向かうのですから陰性。坐るのは陽性寝るのはもっと陽性なので、陰性な体調なら立っているのはつらく、寝ると楽になります。 陽性な体調なら立っているほうがう...
タイトルとURLをコピーしました