昔のブログ

瞑想

仏教と密教

仏道を修すこと

『遺誠』に、 「かくの如くの諸の戒は十善を本となす。 いわゆる十善とは身三語四意三なり。 末を摂して本に帰すれば、一心を本となす。  一心の性は仏と異なることなし。 我心と衆生心と仏心との三心、差別なし。 この心に住すれば、す...
仏教と密教

心のほかに何もない

よくよく考えてみると心にあるものしか僕らは知らない。 見る聞く嗅ぐなどの刺激を感じ、それらを思い、計らい、知り分けています。 でも、感じたことだけ。感じていない、心内に無いことは知らない。 感じたこと(見る、聞くなど)が...
仏教と密教

ありのままの姿

身体に三昧耶戒をすり込めば法身ありのままのすがた になります。 三昧耶戒は・他を自己と思う慈悲心。大悲・道を求める向上心。大智・自心を観察し、そこに至る如実知自心。大定 のみっつを保つこと。 社会では様々なルール...
仏教と密教

心臓に白蓮華を

宇宙の中心に白蓮華(仏の住居)があります。同じように、自身の心臓に白蓮華を観想します。泥から生えて、泥に染まらないように、愚かさの迷い、貪り、怒り、怠惰の世界に生きながら、善にも悪にも染まらない。私の中心はそういうもの。 イメージし...
仏教と密教

苦が消える時

心を観察する、自心を知る、それが悟りである、というのは頭ではわかるけれど、実際にはどうするのか。 密教には自心に直入する方法があります。それが三密行。 身密からだのひみつ・口密ことばのひみつ・意密おもいのひみつ 自分のおこない...
仏教と密教

お腹いっぱい

うまいものをお腹いっぱい食べて、ああ、おいしかった、お腹パンパン、ごちそうさま。 その時の幸せな満足感と心の落ち着き、それを覚えていましょう。不満が消えるかもしれない。 おこない、ことば、おもいを清らかにして、こころをまとめる...
仏教と密教

自他を救う方法

「私」への執着と、「もの」への執着を両方断じる。そうすれば、自分の悟りと、他を救うことが同時に達成される、と考える立場があります。 『真言宗読本』教義編に、「人は周囲と無関係に存在するものではない、 呼吸一つとって考えても分る。 人...
仏教と密教

南無大師遍照金剛の唱えかた

暑い時、水分より野菜や果物のカリウムのほうが身体を冷ます、と僕は考えています。 それはさておき、『般若心経秘鍵』からいくつか引きます。 「無辺の生死しょうじ、何んが能く断つ 唯だ禅那ぜんな正思惟しょうしゆいのみ有ってす」(いつ...
仏教と密教

迷いの私、真実の私

私は、色・受・想・行・識の五蘊が仮に集まって、仮に生じたと考えます。 私という実体は無い。無いものを有ると思うから、迷い苦しみが生じます 私は、実際には無いけれど、仮にある、そう考えます。 肉体はありますが生じては滅する...
仏教と密教

しあわせのイメージ

世界の全ては仏(悟り)の現れで、世界のすべての音は仏の説法(サイン)、という立場なら、そこから生じた心は仏の心。誰の心も仏の心。 イメージしましょう。思うもの、考えるものは、すべて心の中にあります。心に中に無いものは思考できません。...
タイトルとURLをコピーしました