昔のブログ

2021-07

仏教と密教

空・無分別

『十住心論』に、「もしよく明かに密号名字を察し、 深く荘厳秘蔵を開くときは、 すなわち地獄と天堂、仏性と闡提、煩悩と菩提、生死と涅槃、 辺邪と中正、空と有、偏と円、二乗と一乗、 みなこれ自心仏の名字なり。いづれをか捨ていづれをか取らん」と...
仏教と密教

いのちのあらわれ 2

『理趣経』には曼荼羅の意味で三昧耶(三摩耶)という言葉が使われます。さとりの世界、ということ。その他、誓いに住する、という意味で、三昧耶(三摩耶)心という言葉が説かれます。 勉強と瞑想修行によって、よくよく自心を観察し、開発し、如来...
仏教と密教

いのちのあらわれ 1

密教で重要な言葉のひとつが三昧耶さんまや(samaya) 梵和辞典でsamayaを引くと、一緒にくること会合の場所指定された時間、機会、好機、情況、一般的なならわしなど。ベーダや古い梵語では一致、同意、契約、取り決め、約束 密...
精進料理

冷やし中華のタレ

ナスをごま油で焼く。ナスを取り出した鍋に昆布、干ししいたけ、水を入れ、油揚げを炊く。醤油、純米酒など調味はお好みに。冷めてから油揚げを取り出し、梅酢、ごま油、こしょうなどで調えます。 お布施ボタン
仏教と密教

みな同じ性質を持っている

心を観察すると、そのようなことがわかります。 万物の本体は地水火風空識の六大、と密教では考えています。 ・地(固いもの)、大地のように、一切のよりどころ・水(流れるもの)水のように、清涼で悩熱を去る・火(エネルギー)火のように...
仏教と密教

私家版・般若心経開題

『般若心経』とは、どんなお経か。「大般若波羅蜜多心経といっぱ、即ち是れ、 大般若菩薩の大心真言三摩地法門なり」と『般若心経秘鍵』にあります。般若菩薩の悟りの境界を説いたもの。般若菩薩は、般若経典類の本尊で、智慧を本来の誓いとする。誰でも、...
仏教と密教

無と空

無は、何も存在しないこともしくは、無が存在すること。 無は有の反対、と考えた場合、そこには有と無の対立があり、迷いが生じる可能性があります。 無は非有ではなく、有無どちらもない、その境目がない、大空の中に雲と太陽があるように、...
精進料理

夏とろろ

昆布出汁は冷蔵庫でひと晩水出し。伸ばす出汁を多くします。薄めるというのは陰性にするということ。だから、陽性な夏に合う。 麦は米より陰性で、胃もたれがなく腸への移行が早い。だから、とろろに合う。フノリも海藻の中では陰性、陰性だから、い...
陰陽望診法

陰陽で考える注射と瞑想

穀菜食の舎メールサービス                   2021.7.22 〇陰陽で考える注射と瞑想
精進料理

夏は酸味

春は苦味、陽性な夏には陰性な酸味。トマトや柑橘類、梅干しのクエン酸漬物の乳酸菌酢の物野草ならすべりひゆ、イタドリ 陰性なので、陽性を消し、ものを溶かします。だから、消化吸収の助けになる。 お布施ボタン
タイトルとURLをコピーしました