昔のブログ

2021-10

精進料理

テンペとパプリカ

テンペを手でほぐして、多めのごま油でパリッと炒め、パプリカを加えて強火で合わせ、醤油で仕上げます。 こういう植物性たんぱく質は油+醤油と相性がいい。 それから、たんぱく質は、見た目倍以上量の野菜と一緒に。 お布施...
仏教と密教

法身 the body of the ultimate reality

お釈迦さまが説いた真理・四諦八正道したいはっしょうどう 世界には四つの真理があります。 ①生老病死、 愛する者との別れ、 嫌いな人に会う、 求めるものが得られない、 体と心が思うようにならない、 など、人生は苦である。 ...
精進料理

かいわれそば

若いときの身体の変調が、数十年後に何かの形で、現れることがあります。 陰陽望診法で観れば、同じ色、同じ形のところに現れる。 やさしさと思いやりに包まれたかどうかも、数十年後に現れるのかもしれない。 いずれにしても、 ...
仏教と密教

心が身になる

『金剛頂蓮華部心念誦儀軌』に、 「諦に観ぜよ。諸法の性は皆自心に由る。 煩悩随煩悩。蘊界諸入等。 皆幻と焔の如く、 健闥婆城の如く、 また旋火輪の如く、 また空谷の響の如しと。 寂滅平等究竟真実智に住す」 とあります。 ...
仏教と密教

一笑一覚

名刺型のお守り作りました。 一笑一覚は32画・天才運 立石寺は16画・頭領運 どちらも大吉数です。 お布施ボタン
精進料理

ピーマンのタネ

豆腐、とろろ、黒ゴマをすり混ぜ、ピーマンに詰めて、多めの油で焼きました。 ピーマンの種は取らずに食べる。 果実や野菜の、消化できないような固い種は食べるとお腹の負担になります。 でも、柔らかい種は、食べると一定の...
仏教と密教

仏道を修すこと

『遺誠』に、 「かくの如くの諸の戒は十善を本となす。 いわゆる十善とは身三語四意三なり。 末を摂して本に帰すれば、一心を本となす。  一心の性は仏と異なることなし。 我心と衆生心と仏心との三心、差別なし。 この心に住すれば、す...
精進料理

干しシイタケ、その後

シイタケ出汁で里芋の味噌汁を作る。 出汁を引いた後の干しシイタケは、佃煮そのまま煮込んで食べる野菜炒めや春巻きの具、などいろいろあります。 今回は、豆腐を加えてミキサーしシイタケ味のポタージュにしました。 お布施ボタン
仏教と密教

空と0

『梵和辞典』で「śūnya」を引くと、  からの 空虚な 住む者のない 捨てられた 乗り手のない(馬) うつろな(凝視) など。 仏教語として 零 漢訳は 空くう 空無 空虚 空義 0はプラスでもマイナスでも...
精進料理

じゃが玉にんじん

それだけのカレーが食いたい、と言ったら、私も食べたい、材料あるよ、ルーもいろいろあるよと妻がいう。 菜種油で生姜を炒め玉ねぎ、じゃがいも、にんじんの順に炒め合わせ、昆布出汁とローリエを加えて煮込みます。ちょっとレモンを入れる...
タイトルとURLをコピーしました