昔のブログ
仏教と密教

怠らず制御する

もっとも根源的な煩悩は、怠惰、放逸。怠らず、心をコントロールすれば、悟り。 その心とはどういうものか。『宝積経』には、「心は幻の像のようなもの。 虚妄な分別によって、 様々なありかたをとって現れる。 心は風に似ている。 遠く行き、と...
精進料理

すりおろし

ズッキーニをすりおろして、地粉と混ぜて焼きました。 すりおろすと、細胞壁がどうのこうのということもあり、味も食感もおもしろい。消化吸収も違うのだろうな。 お布施ボタン
仏教と密教

何が正しいのか

『般若心経』に説かれる阿耨多羅三藐三菩提あのくたらさんみゃくさんぼだい。サンスクリット語:anuttarāṃ-samyak-sambodhiṃの訳。意味は、最も優れた正しい完全な悟り。無上正等覚むじょうしょうとうがく、正覚などとも云います...
仏教と密教

宇宙とミキサー

炊いた炒り玄米、豆腐、玉ねぎ、梅酢、醤油、こしょうをミキサーして作る玄米ドレッシンング。夏野菜にも使っています。 このドレッシングはノンオイル、辛味酸味RBAがあり、時間がたてば発酵して、滋養になります。 それはさ...
仏教と密教

この世界は

密教は、全てに仏性がある、という立場です。「全て」には人はもちろん、動物植物鉱物無機物も含まれる、と考えています。参考:ウイルスと仏性 そして密教には、我即大日我即法界などの言葉があり、全ては真理(大日如来)の顕現である、全ては如来...
精進料理

アスパラの漬物

三五八で漬けました。これや、ぬか床があれば、かんたんで便利。野菜は新鮮なものがうまい。 お布施ボタン
仏教と密教

迷いの大物

それを『菩提心論」では無始の間隔けんきゃくといっています。「始まりの無いくらいの昔から、 衆生と仏とを隔てる微細の迷い(自我)があるがために、 すべてを知る智を身につけることができない」 自心は仏のように虚空のように無限の可能性をも...
精進料理

漬物の話

穀菜食の舎メールサービス                   2021.7.5 〇漬物の話 お布施ボタン
精進料理

かぼちゃの花のてんぷら

毎年この時期になると、母が揚げます。
仏教と密教

みちをもとめる。

このみちは、最勝の智慧。 自分だけの小さな心から、だんだんと広がっていく智慧。 欲望だけの心から、倫理道徳の心、我の宗教心、無我の宗教心と、心が変わる智慧。 『一切経開題』に、「修行の人、すべからく本源を了すべし。 若し...
タイトルとURLをコピーしました