昔のブログ
随想その他

宿泊証明書

宿泊のみでGoToキャンペーンを利用する場合、今のところ、領収書と宿泊証明書を保管しておきます。 泊まった宿がキャンペーン対象なのか何時から、どこへ申請するのか、 まだ決まっていないようです。 ☆...
仏教と密教

身体と悟り・五蔵三摩地

『即身成仏義』に大日経・秘密曼荼羅品から引用した文章があります。  真言者円壇を   まず自体に置け 足より臍に至るまで  大金剛輪を成じ 此れより心に至るまで  当に水輪を思惟すべし 水輪の上に火輪あり  火輪の上に風輪あり」と。...
仏教と密教

遍満する

真言にはいろいろな単語があります。よく聞くのが、オーン、ナモ(ノウマク)、ソワカなどかな。 spharaという単語もよく登場します。ソハラと唱えることが多い。 意味は、遍満する、拡がり満ちる、 大日如来が遍満している、慈...
仏教と密教

餓鬼のレベル

心には多くのレベルがあります。パターンといったほうが良いだろうか。 仁義礼智信など、倫理道徳を大切にする心があります。人に情けをかけ、正しさを求め、他者を敬い、自分をわきまえ、偽りを言わない。 仏教には、 現実に生滅(は...
精進料理

キュウリのサンドイッチ

夏野菜の季節になりました。 夏野菜は水分とカリウムが多く、とても陰性 なので、陽性な夏にたくさん食べれば、陰陽バランスが調います。 『食味風々録』(阿川弘之著)のなかに、サンドイッチという章があります。そこに、 バ...
仏教と密教

自己は完成するのか

東海道新幹線の車両はN700系。同じ車両だけれど、のぞみ、ひかり、こだまの区別があります。それぞれ、行先、停車駅、速度、サービスが違う。役割が違うけれど、同じN700系、同じ新幹線。 同じようの仏さまに種類役割の違いがあり、僕らいの...
仏教と密教

存在とは何か

物それ自体の独自の本性を自性 (svabhāva)と云います。もの・こと・こころが、常に同一性と固有性とを保ち続け、それ自身で存在するという本体。 そういうものは無い、というのが空の立場です。常住不変唯一なものは無い。必ず、縁と条件...
仏教と密教

『念持真言理観啓白文』を読む 4

帝釈天の宮殿にある網の目のひとつひとつが宝石であり、それが互いに照らし合っているように、念じる清らかな心の中も、そのように多くの仏が溶け合っています。 一瞬一瞬の深い信心は宝石のようであると、十方の諸仏が証明します。 自心の曼...
仏教と密教

『念持真言理観啓白文』を読む 3

八万四千の真理の蔵(経典、仏典)は、みな八万四千の陀羅尼門(密教、秘密の法門)です。この陀羅尼の教えは無尽蔵と名づけられています。 その教えの通りに修行すれば、長い時間を経ずして大覚(さとり)の位を得、その教えをよくよく思惟すれば、...
陰陽望診法

保護中: アルカリ体質

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
タイトルとURLをコピーしました