昔のブログ

でも、本当はきれいだよ

仏教と密教

仏教に如来蔵にょらいぞう仏性ぶっしょうという言葉があります。

如来蔵:
僕らの身心は如来の住居。

仏性:
僕らが持っている仏になる(覚る)可能性、本質。

可能性というのは無限ですから、
心は無限。

迷いの垢がついていないからきれい。


「六道四生(どんな世界も、どんな生まれでも)の一切衆生は皆如来蔵を具し」
(『慈無量心観』)

「一切有情は如来蔵なり」
(『理趣経』)

蚑行はうむし蝡動うごくむし何ぞ仏性なからん」 
(『性霊集』52)

「それ有形有識すべてのそんざいは必ず仏性を具す
 仏性(衆生の中にあるもの)、法性(非衆生の中にあるもの)は法界に遍じて不二なり」
(『性霊集』99)

「卒塔婆は鑁の一字の所成なり。
 また阿卑囉吽釼の五字の所成なり。
 一一を取るに任せて、自性清浄心とも、
 真如とも、仏性とも、如来蔵とも、
 法性とも観ずべし」(『秘蔵記』29)

なので、
総ては自性清浄、
これが本源。

何があっても、
行き詰まりがあっても、
もめごと悩み苦しみがあっても
それでも、
その源にある、
本性の心は何にも染まらずきれい。
自分も相手も、
すべての存在も。

きれいで無限

それを思い出せば、
うまくいきます。

OFUSEで応援を送る

タイトルとURLをコピーしました