昔のブログ

仏教と密教

仏教と密教

平等に慣れる考えかた

これは手、足、頭と区別して観ます。 でも、 全部ひとつの肉体(皮膚)という観かたもあります。 これは手ではなく肉体(皮膚) ここは東京、こちらは大阪と区別すると便利ですが、 全部ひとつの大地(地球)とも云えま...
仏教と密教

忘れないよ

お大師さんの教えを学び、考え、実習する。これは、お大師さんを忘れていないということ。 忘れなければ続いていき、お大師さんは、私の心の中に生きています。 どんな人でも、存在でも、忘れたら、何もない。ご先祖さまも、生きている人も同...
仏教と密教

生き延びる

どんな生き物も、 生き延びるために生きています。 そうして命をつないでいく。 すると、 生き延びる方法を学ぶのが人生かな。 お米と味噌があれば大丈夫 ニコニコしていれば大丈夫 姿勢が良ければ大丈夫...
仏教と密教

空はどうして青いのですか

五大六大の瞑想では、 頂上にケン字あり虚空に等し青色団形にして大空輪あり。 字輪観など日常の修法では、 空大=宝珠=青と観想し、空の智慧は虚空の如しそこから五色(五智)の光が放たれる。 つまり、 青はすべてを...
仏教と密教

妻と雨

災害が多い、感染症などが流行る、これはどういうことなのか、 ちょっと考えますね。 雨が土砂降りでも、妻が出かけるときは、止むか小降りになります。 大雨になっても、妻が帰るときは止む。 先日、土砂降りの中、車...
仏教と密教

仏像はなぜ金色なの?

仏の身体的特徴(三十二相)が、『大智度論』などに説かれています。 その中に 金色相こんじきそう 身体手足すべて黄金色に輝いている。 とあります。 金色の光は悟り・慈悲の光かな、それで私たちを包んでくれます。 ...
仏教と密教

そして仏になる

三密行で即身成仏いま さとるするのが真言宗の目的。もともとみんな仏なんですが。 三密行で思い出すというか、戻るというか、それをしている時は仏。 仏の三つの秘密、身体の秘密言葉の秘密心の秘密 それは、 手に印をむすび...
仏教と密教

無添加

先日、東京恵比寿で精進料理教室+望診法講座がありました。年4回でワンセット。今回のメニューは麦ごはん、車麩大根人参吉野仕立て、ふろふき大根、ひじきこんにゃく、パスタスープ、梨 ちょっと季節先取りしています。 調味料は無添加天然...
仏教と密教

山中有何楽

『性霊集』に「山中に何の楽たのしみかある」という文章があります。  都のお公家さんから、長い間、寒くて厳しい、食べ物も乏しい高野山でお過ごしですが、京都へ帰ることを忘れたのですか、とお便りがきます。 その返事の中に、素敵な言葉...
仏教と密教

お酌はきらい

お酒でもお茶でもジュースでも、飲むタイミングがあります。 好きな時に好きな量を好きな人と(一人でもいいけれど)好きなものを飲みたい。 必要なものを飲みたい。宴会会食などの、他人からのお酌は、これらに合わない。 まあまあ、...
タイトルとURLをコピーしました