昔のブログ

密教、仏教、精進料理、望診法の

動画はこちら

暗闇と、ひとすじの光

仏教と密教

暗闇ではじっとしているほうがいい。
見えない何かにぶつかってしまう、危ない。

でも、暗闇は平等無差別無分別
ぜんぶ闇だから、
何も仕切りなく、ひとつの世界。

私の家も隣の家もない、闇だけ。
皆見えないから境目もなく、ひとつで全体。

そのように、
すべてはひとつである、
広くて大きい無限であるとイメージします。

自分のもその中に溶けている、
見えないから「自分」もない。

暗闇にも必ず、
ひとすじの光があります。
それを見つければ、広がり、
朝になって明るくなるように、
すべてが見えます。

OFUSEで応援を送る

タイトルとURLをコピーしました