昔のブログ

どこから生まれて、死んだらどこへ行くのか

仏教と密教

「生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く、
 死に死に死に死んで死の終りにくらし」
            『秘蔵法鑰』

自分はどこから生まれ、どこへ死んでいくのか、
生まれるとは何か、死とは何か。
そんなことは何も考えずに人生を送っている。

生死がわからないのは、
自我があるから、
というのが仏教の立場です。

「凡人はこの肉体を真実の我とおもいあやまり、
 おろかさの酒に酔って、それに執れている」

人生は迷いである、
そこから抜け出して、
宇宙と一緒になろうではないか。

日本では
人が死ぬと火葬にします。
身体の大部分は気体になって大空へ帰ります。
少し、カルシウムが残り、大地へ帰る。
脳は無いので心もない。
残された人の脳に思い出として残ります。

因果の法則によれば
原因を突き詰めてゆけば最初の一点にたどり着きます。
しかし
その一点は何から生じたのか、
原因が無いので因果の法則は通用しない。

自然に生まれたとか、
創造主が造ったとかは戯論と考えます。事実とは考えられない。

なので、
本来生起しないありかたがある、
という立場をとります。

すべては生じては滅するから実体はない。
実体のないものは不生不滅しょうじないめっしないである、と。

時間を線で考えると
生滅があります。ここからここまで、と。
時間を円で考えると、
ぐるぐる回って始まりも終わりもない。
無限です。

大きな大きな円・無限から、
生じては滅しているものが私。

無限から生じて無限に帰る。

もしくは、生じないというありかた。

執着なく、区別なく、
個別心ではなく全体心、ひとつの心
という世界

OFUSEで応援を送る

タイトルとURLをコピーしました